熱帯魚をネットで買いたいけど大丈夫?

オリノコさん
ネットで熱帯魚買うのはドキドキするねー。ちゃんと届くかなー?
全国のどこにでもあるホームセンターのペットコーナーなどでも熱帯魚の取り扱いがあり、専門店でなくても生体の入手は簡単になりました。他にも最近では熱帯魚のインターネット販売も普及し、ホムセンなどでは扱わない珍しい種類などを入手することも簡単になりました。近くに熱帯魚屋さんがない、お店はあるけど欲しい魚を扱ってない、ホムセンの熱帯魚コーナーが死んでるなどなどの理由でネット購入を考えている方も多いと思います。今回は『ネットで購入する際はどういう所に気をつければ良いのか?』を見ていきたいと思います。

まずはリサーチ

欲しい生体が決まったらまずはリサーチです。価格プラス送料が自分の予算内で行けるか、希望した日に受け取れるか(発送してくれるか)、相場はいくらくらいなのか、買おうとしているお店の評判(梱包、発送、死着対応など)はどうか、などをリサーチしましょう。画像が掲載されていれば、よく見て生体の状態を判断し、ショップの電話番号がわかれば直接電話して生体の状態や飼育環境などを直接質問してみるのも良いと思います。個人的な話ですが、こういう問い合わせ時に対応が悪い所は後々を考えて即却下しています。

オークションも狙い目

ヤフオクなどのネット購入も狙い目です。終了日時や即決価格によっては、かなりお得に欲しい生体を入手する事が出来ます。

店舗販売での価格は場所代や人件費、光熱費等が乗っている価格なのでそれらが引かれているネットではかなり安く入手できる事もあります。ただし、生体の状態を画像や文面でしか判断できないのでわからない事があれば質問しましょう。ここでも質問に対してのレスポンスが遅かったり、対応が悪い人は後々面倒になる事もあるので避けた方が良いかもしれません。
愛情を持ち、その生体を(ビジネスとしてであれ)自信を持って送り出そうとしている販売者を選びましょう。

出品者の過去の評価や取引履歴を見て信頼できそうでしたら『GO』です。悪い評価、連絡が取れない人などは避けた方が良いでしょう。

ヤフオクではありませんが、某Yショップで販売しているストアで購入した際、こちらの受け取り希望日の再三の連絡を全く見ていなくて急に発送連絡が来ました。評価を見ると同じような被害(?)の書き込みが多数あり、少し気にはしていたんですが、自分にも起きてしまいました。ショップからは絶対その日1日受け取れない日に届くよう手配されていました。。。発送連絡のメールを受け取った後にすぐに販売者に電話して集荷がまだだった事もあり、変更してもらえて事なきを得ましたが、こういう販売者もいますのでご注意ください。不運にも死着が1匹ありましたが、連絡が取れない面倒臭さから泣き寝入りしました。そこのショップは2度と使いません。

送料が高い?

ネットで購入する際に『別途梱包代を頂きます』などと記載されていて送料とは別料金がかかったり、提示された送料が同サイズの通常の宅急便の料金より高かったりする事もあると思います。

生体の発送には外気温の影響を受けにくい各サイズ発泡スチロールが使用されます。また、生体を入れるビニール袋は水漏れ防止で2重になっています。季節によっては水温調節のため、保冷剤やカイロを入れてもらってます。生体の袋には翌日以降無事届くように酸素ボンベで酸素も充填されていたり、酸素石を入れてくれている場合もあります。

こういう安心を届けるための販売側の手間を考えれば、送料に少し上乗せされていても良いのではないでしょうか?

基本は翌日午前中受け取り

購入したら受け取りは基本、翌日の午前中に受け取れるのがベストです。

梱包され真っ暗な中、車中や機内で揺れ続けるのは生体にとってかなりの恐怖でストレスなはずです。梱包された限られた水の量では排泄物からの亜硝酸塩も増えて生体にダメージもあると思います。コリドラスの場合は自身のひれから出る毒でやられてしまうケースもあります。

とにかく出来るだけ早く受け取ってあげられるよう手配しましょう。

『翌日午前中は無理だよ・・・』という北海道や沖縄など遠方にお住まいでネットで購入したい方もいると思います。
少し早く届くタイム便や販売者が梱包時に水や酸素量を増やすためサイズアップしたりして2日くらいでも大丈夫なケースが多いようですので販売者と相談してみてください。ちゃんとしたショップや慣れた販売者の方は数多くこなしていますので問題なく対応して届けてくれます。

知らない人も多い受け取りの裏技

他の配送業者はわかりませんが、クロネコヤマトのセンター留めでは通常配達より数時間早く受け取る事も出来ます。発送してもらう時にお住いの一番近い配送センターでセンター留めにしてもらい、こちらから足を運ぶことになりますが、受け取りに行けば通常の配達よりさらに早く受け取る事が出来ます。こういう配送センターは駅から離れた場所にある事がほとんどですので車などの足は必須になります。

 

おすすめの記事