WA・BI・KU・SA(侘び草)を置いてみよう

オリノコさん
WA・BI・KU・SAって何だろう?
タイトルでWA・BI・KU・SAと書きましたが、これはADA(Aqua Design Amanoーアクアデザインアマノ)から出ている侘び草という商品の事です。
レイアウトに凝る人はもちろん、自分のような面倒臭がりな人にもおすすめできる商品です。

どんな商品?

土台に色々な種類の水草やモスなどが巻き付けられており、底床に水草を植えることなく手軽に水草水景を楽しむ事が出来ます。水草を導入する際は農薬が気になる方もいると思いますが、この侘び草で使用される水草は専用ハウスで無農薬栽培を行なっています。

水中葉としてはもちろんですが、水上葉としても楽しめる種類も多くあります。ポンとそのまま置いても良いですし、石組みレイアウトなどのワンポイントとして使ってもいい感じになります。前景、中景、背景に向いているものなどラインナップも多いので自分の水槽のスタイルに合うものが見つかると思います。

コリドラスやエビ水槽におすすめ

うちは混泳水槽ですが、大好きなコリドラスの為に底床を砂にしています。水草を植えようとすると砂だとかなり厚めに敷かないと根が張りません。あと、せっかく植えてもすぐにコリドラスが掘り起こしてしまうので維持するのも大変でした。でも、緑は欲しいって事でこれを入れたんですが、うちではCO2添加などもしておらず、維持も簡単で重宝しています。

苔取り用に入れたエビ達にはいい隠れ家、環境になっているようで、うちではこれを入れてからめちゃくちゃ増えました。

実際に入れてみよう

【1週間前くらいに入れた侘び草】

画像ではわかりづらいかもしれませんが、1つの土台に色々な種類の水草が巻き付けられていて、密度もあるので自然な茂みになっています。

↓こんな感じで土台にはモスが巻き付けられています。芸が細かい。

↓1枚目の画像を少し引いて撮った写真ですが、さっきの侘び草の後ろにあるのは半年くらい前に入れた侘び草です。何回かトリミングしてますが、水草はとにかくよく成長します。特に何かしてるわけではなく放ったらかしで綺麗な状態が続きます。
照明をしっかりと当てるのはもちろん、液肥を与え、二酸化炭素を添加する事により綺麗な状態を維持する事ができます。

こんな感じ↓で水草を全く植栽しない水草レイアウトも作る事ができます。

このレイアウトでは水草を植栽しておらず、ADAの侘び草3つだけ(矢印のところ)使用しています。
侘び草以外はモス、アヌビアスナナ、ブセファランドラを石に巻きつけたものを使用しています。

どこで手に入る?

侘び草を扱っているのはADAの販売特約店です。全国にありますのでお近くの店舗で取り扱いがあるかもしれません。下記リンクから全国の販売店舗を検索できるので興味がある方は調べてみてくださいね。

ADA販売特約店を探す

ADA取扱店が近くにない場合はペット系通販大手のチャームさんより似たテイストのものがネットで購入出来ますのでそちらを使用するのもおすすめですよ!

まとめ

オリノコさん
水草があるだけで水槽の随分雰囲気変わるね。魚も喜んでていい感じになるねー。
水槽内に緑があるといいですね。その水景を見ていると癒し効果もあるような気がします。
水草は魚たちにとっては隠れたり、休んだりする場所にもなり、種類によっては産卵する場所にもなる、などのメリットもあります。
水草コーナーに置いていますので、ぜひ一度ご覧になって「自分の水槽のここに使えるかな?」などとワクワクしながら妄想してみてください。

 

 

 

 

 

 

おすすめの記事