冬の水温管理はどうしてる?

オリノコさん
寒くなってきたねー。水温は下がりすぎていないかな?
暖かい地域に住む熱帯魚にとって秋から冬にかけての水温低下は下手をすると命取りになります。
魚たちが安心して冬を越すにはどうすれば良いのでしょうか?

水温チェック

まめに水温チェックましょう。この季節は日中と夜間とでかなりの気温差があり、水温にも影響します。後述するヒーターを使っていても急に故障したりして水温が急降下(または上昇)している可能性もあるので水槽を見るときには必ず水温をチェックし、一定に保たれているか確認しましょう。

ヒーターを使おう

人間と同じでヒーターを使い水温を上げるのが一番手っ取り早いですね。これから準備する方はサーモスタット付きの物がオススメです。上の画像は最近予備で購入したもので、ダイヤル式で水温設定するサーモスタット付き、魚が触れて火傷しないようにカバー付き、縦横どちらにも設置出来るという感じで気に入っています。

サーモスタットとは指定した水温より上がり過ぎれば自動的にオフ、指定した水温より下がり過ぎると自動的にオンにして水温を一定に保ってくれる機能です。

エアコンですと8〜12畳用など部屋の大きさに合わせて選ぶと思いますが、水槽用のヒーターも同じで温められる水量があります。適合水槽サイズはパッケージなどで確認してから選びましょう。水槽サイズと水量はこちらの記事で確認出来ます。

ちょっと余談

熱帯魚を飼いはじめた頃に実際の水槽の水量より小さいパワーのヒーターを間違えて購入してしまいました。春や秋はそれでも凌げたんですが、冬はやはりパワー不足で無理でした。前述したように必ず対応水量を確認してお求めください。

おすすめの記事